ビットコイン紙幣は、年末までにシンガポールで利用可能であることが予想されます

Tngem, 暗号ハードウェアの財布会社は、シンガポール市場へのビットコイン紙幣のパイロット販売を開始しました.

Tangemはnoobの消費者にとってより身近なcryptocurrencyを使用して物理的な取引を行うことを目的と, そして年末までにノートの何百万人を生産する計画.

シンガポールで, その規制cryptocurrencyとblockchain技術の両方の非常に支持されている国, ノートはデザインストアチェーンのサンテックシティ支店で購入できるようになりますMegafash.

注釈, の宗派に来るであろう 0.01 そして 0.05 BTC ($92 そして $463 各々), 実際に紙幣のようなハードウェアの財布です.

 

一つのコメント

  1. I do accept as true with all the ideas you’ve presented in your post. They’re really convincing and will definitely work. Still, the posts are very quick for novices.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *